So-net無料ブログ作成
検索選択
      
前の10件 | -

MTD 735-24 [エレクトリック・ベース本体]

さて、かねてからの懸案事項、MTD 735-24のナローピッチ問題。

解決方法を思いついちゃった話は以前ブログに書きましたが、
その解決方法というのはズバリ、ブリッジ交換!
…って、まぁ普通ですね(笑)

でも、ベースによってはブリッジを交換した結果端っこの弦が指板から落ちる、
ってこともあるので、むやみにやってはいけません…(;^ω^)


思いついたきっかけは、元のブリッジの端っこの塗装のハゲでした。
カッコ悪いから交換しちゃおうかな、と思い、その時にふと、
18mmピッチのを載せられはしないか?とひらめいたのです。

早速18mmピッチを想定してハイF弦とローB弦を横方向に引っ張り、
指板から弦落ちしないか確認すると、
どちらも十分フレットの上に載っているので大丈夫そう。

次のチェックポイントは「PUのポールピースからはみ出てないか?」
いくら18mmピッチになっても音が出なけりゃ仕方ありませんから(笑)

ポールピースがどこまで伸びてるのかを確認するのは結構簡単です。
アンプに繋ぎ音が出る状態で、マグネットにくっつくもの、
鉄製のドライバー等でPUをコツコツ叩いて音が出るところがポールピース。
PU端の方はポールピースが無いので、叩いても音は出ません。
ポールピース上に弦があれば音は拾えるはずですが、
あまり端の方になるとゲイン落ち等の問題が起きる場合があるので要注意。

今回のケースでは18mmピッチを想定した弦の位置よりも外側まで
ポールピースが来ていたので問題無さそうでした。

…と、ここで副産物。搭載されているバルトリーニのPUが
フロント、リア共にPタイプである事が判明しました…


チェックが済んだところでブリッジの選定。
なんせ7弦ベースのブリッジなんて、どこにでもあるようなもんじゃありません(笑)
とは言え、MTDのベースはハードウェアがヒップショットの汎用品。
同じくヒップショットの製品群の中から、
ピッチ調整が出来るAスタイルの18mmピッチを発注。

…待つ事2ヶ月、やっと先日品物が届いたので早速実装しました。

2017_08_15.jpg

結果は、バッチリ18mmピッチになりました!

そして、ドキドキの音出し…

18mmピッチになって弦間に指をしっかり入れられるようになったためか、
音が太くなった感じがします。

実に弾きやすい!
弦飛びも違和感がありません。

近い内に現場に持って行って試す予定です…





共通テーマ:音楽

Fodera Imperial 5st Olive (7) [サーキット関連]

いや~、やっと出来ました!

今年3月にこのベースを入手してからの〇〇モデル脱出計画(笑)

とりあえず完成写真!
2017_07_25.jpg

ちなみに、入手時の写真はこちら
2017_03_09_1.jpg

違いは一目瞭然ですね。

フィンガーランプを外し、PUをNORDSTRAND NJ5-70's + ウッドカバーに交換。
更にコントロールノブもマッチングのオリーブウッド!
素晴らしいウッドカバーとノブはIKM Custom Knobs製です!

って書くと一言で終わっちゃうんですが、なかなか手強かったですね。


まず第一のハードルがブリッジアースが無かった点。
二番目はマウントするPU用にEMG40サイズのカバーを設計する必要があった点。

一番目はESPにご協力頂いて、一瞬にして解決しました。

大変だったのは二番目のPUカバーの設計ですね。
外寸はEMG40サイズで内寸は5弦用シングルコイル…
まずEMG40サイズに収まるシングルコイルPUがかなり限定され入手困難。
更にPUマウントスクリューの位置を変更せざるを得ない。
悩みに悩んだ結果が一枚目の写真です。
参考にしたのは何の事は無い、普通のジャズベですね。


PUカバーは内寸を大きめに取ってあり、
後々PUの位置を調整出来るようにしてあります。

現状では、以前からの希望だった70年代ジャズベースの位置です。
2017_07_25_02.jpg

で、PUを変えた事によりトーンサーキットの47μFを22μFに替えて音出し。
EMG40Jのノー天気な感じは無くなり少し落ち着いたトーンに。
しかしながら70年代を意識したコイルを70年代の位置にマウントした賜物か、
輪郭は明瞭なまま、パワー感もEMGより落ちるかと思いきや問題無さそうです。

…EMG40Jのノー天気な感じと書きましたが、
これはあくまでこのベースにEMG40Jを搭載した時の個人的な感想です。
EMG自体は素晴らしいPUだし、僕も実際EMGが搭載されているYIN-YANGを使っています。



これでとりあえず現場投入して様子を見ます!






共通テーマ:音楽

古澤巌さんリハーサル [ライブ]

今日は、間もなく始まる古澤巌さんツアーのリハーサルでした。

とりあえず、弾けるか弾けないかギリギリ辺りの曲たちなので、
本番に備えて精進しておきます(;^ω^)



共通テーマ:音楽

泉谷しげる、ついに来ました! [泉谷しげる]

「泉谷しげる」がうちに来た!
パッケージを開けた瞬間の第一印象は正にそんな感じでした。

5月11日に発売された「泉谷しげるの新世界 アートオブライブ!」

2017_05_18_02.jpg

ベストアルバム9枚+このパッケージ限定のニューアルバム1枚
更に歌詞集と泉谷しげる45年史なる2冊の分厚い本
更に更にピンバッジ2つ!

これはもう、どこを切っても泉谷しげる、
部屋のどこに置いても存在感たっぷりな、
見方によったら超迷惑なパッケージですよ(笑)

ベスト盤9枚ももちろん素晴らしいし、
その積み重ねの末に出来上がったニューアルバムも、
現行泉谷バンドメンバーとして、胸を張って「最高ですよ」と言えます!

このパッケージ、どうやって楽しもうが、これを手にした方の勝手ではありますが、
もしまとまった時間がある方は、ぜひDisk1から一枚ずつ順番に聞いて欲しいですね。

そして泉谷しげるのサウンドに浸りながら45年史を読んで頂きたい!
この45年史、ライブの写真もふんだんに入っており、ライブを見に来た方は、
ひょっとしたらどこかに写っているかも知れません。

そしてDisk10まで全てのアルバムを聞き終えた後には、
長編オペラを見終えた時のような達成感が感じられると思いますよ!


最後に、このとんでもないパッケージのニューアルバムで自分をディレクターに抜擢して下さった大将の懐の深さと、至らないディレクションに力を貸して下さったバンドメンバー、スタッフ全員に感謝と最大のリスペクトを込めて…ありがとうございました。

2017_05_18_03.jpg

…って、まだまだこれから続くのですよ…泉谷しげるも泉谷バンドも!!!

「泉谷しげるの新世界 アートオブライブ!」お買い上げはこちらから
値段は張りますがむしろお買い得ですよ!


共通テーマ:音楽

MTD 735-24 [エレクトリック・ベース本体]

久々の7弦ベースネタ…

MTD 735-24を入手してから一年以上経過しましたが…
やっぱりナローピッチ(17mm)ってのが少し弾き辛いんですよね。
落ち着いて弾いてれば問題無いんだけど、
ライブ中に突然ジャンプ(演奏上の激しいポジションチェンジの事ね)
したりすると隣の弦に指が当たる(笑)

このベースばっかり弾いてればいずれ慣れるだろうけど、
現状そういう訳には行かないので、どうしたものかと考えていたら、
こないだある楽器店にスミスの7弦が入荷したので、
また弾いてみようと思って行ったわけです。

MD-7は18mmピッチなので、やはり右手は楽ですね。
一方の左手は、えいやっ、と指を伸ばさないとローB弦に届かないけど、
ナローピッチでの右手のミスタッチのリスクと天秤にかけたら、
こっちを受け入れるべきかと…

ま、でも、音自体はスミスよりはMTDの方が好きなので、
即購入って事にはならないんだけど、やっぱり18mmピッチがいいよな~

って思いながら帰宅して、
わがMTD 735-24を見ていたら思いついちゃったんですよね(笑)
いや、確実に問題無く演奏性が向上する保証は無いんだけど、
僕の検証では行けそうな事を…

検証中…
ブリッジの端っこが剥げてたお陰で思いついたのです…
2017_05_08.jpg

よい子のみなさんはマネしないで下さいね(笑)
悪い子は自己責任でどうぞ…

って事で今日はここまで('◇')ゞ

共通テーマ:音楽

Fodera Imperial 5st Olive (6) [サーキット関連]

Imperial 5st Olive topの70年代化計画、一歩前進!

先日発注したNordstrand NJ5-70'sが届いたので早速テストしました。
相変わらずサイズはデタラメなので間にスポンジを詰めてますが(笑)
2017_04_20.jpg
このPUは70年代のスペックに近くなるようにコイルの巻き数が少ないようです。

色々試しましたが、やはり位置も70年代のそれがいいですね。
一言で言うと元気な音。
高さもある程度高くしてやった方がローが出ていい感じです。

60年代の位置にすると落ち着いた音になるので、
それはそれで魅力があるのですが、今回は70年代を目指します。

…って言っても僕の計画では、
リアPUカバーを反転させると60年代の位置になるので、
実は後で変更可能なのですが…


さて、PUカバーを発注しますかね…

共通テーマ:音楽

Sadowsky portabag plus 補修 [リペア関連]

Sadowsky portabag plusを使い始めて約一年半ですが、
底部のクッションがだいぶヘタって来ました。
2017_04_02_01.jpg

このケースの素晴らしい所の一つが、このクッションの構造にあるのですが、
このクッション、ファスナーで簡単に中身を取り出せるのです。

2017_04_02_02.jpg
はい、中の緩衝材がかなりヘタってます。

なので、アンプケースに使った緩衝材の端材で修復しようと思います。

2017_04_02_03.jpg

白いのがヘタった緩衝材、
その下の黒いのが柔らかい緩衝材、グレーのが固めの緩衝材です。

2017_04_02_04.jpg
こんな感じで詰め込んで…

2017_04_02_05.jpg

はい、これで安心して使えます!

共通テーマ:音楽

超マイナーチェンジ [エレクトリック・ベース本体]

マイナーチェンジしました…

元はこう…

2017_03_31_03.jpg


それを、こうしました。

2017_03_31_02.jpg


さて、どこが変わったでしょうか???

答えはこちら



共通テーマ:音楽

Fodera Imperial 5st Olive (5)  [サーキット関連]

やばい…

おそろしい事(楽しい事?)思いついた…

こないだっからピックアップの位置が気になってますが、
実際気になってるのはピックアップの位置じゃなくて、
ポールピースの位置ですよね…

2017_03_20_03.jpg
この見えないポールピースを70年代の位置にしたいのであります…


EMG 40Jは半分は空っぽなんだから、
蓋を開けて(蓋ってなんだかわかんないけど)
ポールピースをずらしちゃえばいいですね!

…ってなことを思いついたんですけど…


誰かEMGのソープバーを解体した事がある人いませんか?(笑)

いないか…(笑)

俺がやればいいのか…


…でも結末は見えてるんだよな…

手間かけて解体してポールピース動かそうと思ったら、
マウントスクリューの穴が邪魔して位置を変えられない…(;´・ω・)


そこまでわかっててもやるのか…???

ま、中身がどうなってるのか単純に知りたい、ってのもあるけど…

かなり高い確率で壊すだろうな…



…って言ってるそばから、こんなん見つけた

やっぱりみんな気になるのね。
んで、そういう時は素直に分解するのね(笑)

基盤にコイルが直接マウントされてるっぽい…
これは手ごわい…







共通テーマ:音楽

Fodera Imperial 5st Olive (4)  [サーキット関連]

どうにもピックアップの事が気になるので、
こんな実験をしてみました。

2017_03_24_02.jpg

EMGを外してNORDSTARND NJ5Fをマウント。
といってもサイズも形も合わないので、隙間に厚紙を挟んで半固定状態です。
これなら簡単に位置を動かせるし…

んで、ワイヤーをつないで音を出したらびっくり…

なんだかノイジー!

どうやらアースが落ちていないようです。
で、原因はすぐわかりました。
ブリッジにアース線がつながっていないのです。

普通はバッテリーホルダーの横からアース線が出ています。
写真はダンカン搭載のエンペラー
2017_03_24_03.jpg

こちらがEMG搭載のインペリアル
2017_03_24_01.jpg
バッテリーホルダーの横にワイヤーがありません。

このベースはEMGを搭載する前提で作られているので、
不要なブリッジアースはつながなかった、と言う事ですね。

どうにもFODERAらしい、と言うか…
パッシブPUに載せ換える可能性なんて考慮してないんですね(笑)

ひょっとしてワイヤーをつなげてないだけで、穴は開けてあるんじゃないか、
なんて淡い期待をしましたが、ブリッジを外して確認したら見ての通り(笑)
2017_03_24_04.jpg
はい、下穴らしきものはありますが、穴は開いてません(笑)
でも副産物でこの楽器がセットアップされた日がわかりました。
2011年12月13日の刻印発見!

気を取り直し、ワニ口クリップでアースを落として実験開始。

70年代の位置を試す前に、
このPUルーティングのセンターの位置にして音出し。

E弦のサドルからの距離は、リアPUまでが約65mm、
フロントPUまでが約155mmです。
これはNORDSTRANDのJAZZ BARと言うPUを視野に入れての検証です。

音は…うん、悪くない!変に耳につくハイも無いし、ローもしっかり出ます。
スラップもOKな感じ。

この時点では、JAZZ BARに載せ換えようか、と思いました(笑)


さて、次に60年代の位置。
なんぜPUは挟んであるだけなので手で簡単に移動出来ます(笑)

フロントPUをネック方向いっぱいに移動するとサドルからほぼ160mm。
ジャズベースのフロントPUの位置になります。
そしてリアPUをサドルから70mmの位置にして音出し。

音を出した瞬間、レオ・フェンダーってすごいな、って思いました!
音がローからハイまで塊になって出て来る感じ。
変なミッド落ちとかが無くて、とても落ち着いた、それでいて、
抜ける音です。スラップしても問題無し。


次に70年代の位置。
リアPUをブリッジ寄りに移動。サドルから60mmの位置。

音は…60年代の位置よりブライトな感じです。
アッシュっぽさが強調され、スラップトーンも派手さが増します。
反面ハイミッドが少し削られてますかね。
アッシュボディのジャズベースって考えたら、やはりこの音が王道だと思います。


ジャズベの位置を試した後で改めてルーティングのセンターにずらしてみると、
先程は気付かなったのですが、少しコンプ感があります。
ジャズベの位置で感じる開放感が少し無くなっている感じ。
これでJAZZ BAR搭載は却下になりました。


その後60年代と70年の位置をとっかえひっかえ…

やはり結論としては70年代の位置が一番このベースらしいようです。


とはいえ、簡単にジャズベのPUはマウント出来ません(-_-;)
この検証で使ったPUはいわゆるアメリカンスタンダードサイズ。
フロントPUよりリアPUの方が少し大きめです。
これだとリアPUがルーティングよりわずかに大きく、
ケースを付けた状態だと入りません(笑)

5弦ジャズベースモデル用のPUサイズはもう一種類あり、
それはリアPUもフロントPUと同サイズで、これならリアもルーティングに収まります。
しかしながら、それでマウントすると当然隙間が残りますね(-_-;)
カッコ悪いです。

かのアンソニージャクソンもかつてPUの位置を検証してボディが穴だらけになり、最終的にはピックガード状の蓋をして穴を隠していましたが、それは避けたい所です。


そうなると、新たにケースを製作して、
その中にコイル部分だけを納めればいいわけですが、
世の中そう簡単には行きません。
ボビンの端がルーティング内のマウントスクリューの穴をふさいでしまう状態になるのです。
ボビンを削ればなんとか出来そうですが…


つまり、このベースにシングルコイルのPUを
70年代の位置でマウントしようとするとハードルは3つ。

ボビンの端を削る、ケースを新たに作る、アースの処理をする…


ん~、じゃ、とりあえずEMGのままでいいか…(笑)


EMGに戻して音を出すと、とりあえず派手な音になって楽しいんですよね(笑)

って事で、ただの実験に終わりましたが、
PUの位置をほんの5mm程度変えるだけで、
弾いた時の印象がかなり変わる、
というのが非常に興味深かったです。

またしばらくしたら何か実験するかも知れません…


共通テーマ:音楽
前の10件 | -