So-net無料ブログ作成
検索選択
      

WARWICK STREAMER STAGE1 [サーキット関連]

WARWICK STREAMER STAGE1のサーキットを一新しました。

まずはピックアップ。
MECのアクティブからbartoliniのXXP25Cに替えましたが、
ただ載せ換えても面白くないので、フロント側の配線をいじって、
コイルタップした時にPになるようにしました。
リアはそのままなので、コイルタップするとPJになります。

2016_01_19_2.jpg

音は、元々のMECに比べると普通です。(笑)
ディープトーンでパワー感もノーマル。
コイルタップ時のPJもいい感じ。

ちなみにリアは、コイルタップ時にはネック側が生きるようにしてあります。
なんせ元々のピックアップの位置がかなりブリッジ寄りでトレブリーなので。
フロントピックアップもブリッジ寄りですが、
この位置でのPっていうのはかなりいいかも。
フロントオンリーでも行けそう。


そしてプリアンプはbartolini NTMB+GF。
3バンドでそれぞれブースト&カットが出来る、ごく普通のEQですが、
旧タイプより小型になったので省スペースになりました。

2016_01_19_1.jpg

ミッドは250と800の切り替えにしてあります。

bartoliniのプリアンプは総じて、
アクティブ/パッシブを切り替えた時の音の変化が少ないので、
とても使い易いと思います。
反面、エグイ音は作り辛いのでそういうのがいい人には向きませんが…

コントロールは、一番上から時計回りに…
ボリューム、パッシブトーン、プルでプリアンプパス
バランサー
ミッド、プルで周波数切り替え
バス、トレブル、プルでコイルタップ
…となっています。

現場で使ってから改めてインプレッションしたいと思います。



共通テーマ:音楽

Facebook コメント