So-net無料ブログ作成
検索選択
      

MTD735-24 (1) [エレクトリック・ベース本体]

その昔楽器フェアがまだ池袋で開催されていた頃、
MTDのブースで7弦を試奏した事はあったのですが、
ハイF弦の必要性を感じられず、その後は興味が薄れていました。

しかし最近になって歌とベースだけという編成で演奏する機会が増え、
そうなると欲が出て来るもんで、7弦ベースを物色していたのです。

これまで試奏した7弦ベースは、
Smith、MTD、elric×2、WARWICK×2の計6本。
F-bassの7弦フレットレスってのも弾いた事はあるけど、今回は除外。

それぞれの印象を覚えている限り挙げてみたいと思います。

Smith MD7…
    音はいわゆるSmithの音、これが好きならOKって感じ。
    18ミリピッチのため、さすがにネックの幅が広く、(12フレットで10.8cm)
    ローB弦のローポジションが満足に押さえられない。
    とりあえず重い。

MTD 735-24…
    標準的なMTDサウンド。質量が4.8キロ程度と軽いので、
    立奏も苦にならない。反面音にもその軽さは出ている模様。
    ただし、軽快で抜けのよい音とも言えるので、単なる好みの範疇。
    ナローピッチなのでローB弦のローポジションも問題無く押さえられる。
    (12フレットで約9cm)
    反面19ミリピッチに慣れていると弦飛び時にミスタッチしやすい。

elric bolt-on…
    音も見た目もMTDを地味にした感じ。質量もMTDと同等。
    とりあえずOKって感じだけど、決め手に欠ける。

elric single-cut…
    スルーネックによる音の伸びや柔らかいアタック音が特徴。
    個人的にはボルトオンよりは魅力を感じる。重さも許せる範囲。
    が、やはり、これ、という決め手には欠ける。

WARWICK Streamer LX
    ん~、ワーウィックが7弦を作る必要あるのかな。
    やはりワーウィックサウンドだとせいぜい5弦で、
    ガシガシ弾く方が楽しいような気がする。
    34インチなので座奏時には弾きやすいんだけど、
    ワーウィックはストラップピンがやや深い位置に付いているので、
    立奏時には要注意。重さは5.3kgとやや重め。

WARWICK Streamer Stage 1
    サウンド自体はボルトオンより好きだけど、5.9kgと最重量級。
    さすがに長時間の立奏は無理。俺はボディビルをやりたい訳じゃない。 
    同時に試奏した10弦の方がバカバカしくて面白い。買わないけど。



結局自分の中で一番いい印象だったのはMTD735-24でしたね。
ベース本来の音の良さと演奏性が他のメーカーより抜きん出ている。
ナローピッチは基本嫌いなのですが、さすがに7弦になると、
これを受け入れない訳にはいかなさそう。
ローB弦のローポジションをまともに押さえられないんだったら、
弦が7本ある意味が無いですから。


…で、意思が固まったところで楽器屋さんに行ったら、
もう売れちゃってたんですよね(笑)

買い損ねた(笑)

じゃ、作るか、って思って問い合わせたら、
「3~4年かかりますよ。って言うか、いつ出来上がるか見当も付きません…」

だって(笑)


…続く…

共通テーマ:音楽