So-net無料ブログ作成
検索選択
      

水平線の花火と音楽FINAL [泉谷しげる]

2010年に宮崎で発生した口蹄疫。
県は拡大を防ぐため約30万頭の牛や豚を殺処分。
宮崎牛の種牛も55頭から5頭に減少…



はじまりは7年前の一本の電話だった。
声の主は泉谷しげるその人。
「おい渡邉、宮崎に行くぞ。救済だ」



そうして始まったこのイベントも今年で最終回
さすがにちょっと特別な気持ちを持って現地入り。



楽屋入りすると、まずは心温まるお出迎え。
水平線の花火と音楽FINAL (1).JPG


大雨の中リハーサル
大将は「こんな雨なんかに負けるんじゃない」と熱唱
水平線の花火と音楽FINAL (2).JPG


一夜明けて本番の時も、
降ったり止んだりのあいにくの天気
水平線の花火と音楽FINAL (3).jpg


それでも花火は無事打ち上がり…
これが無きゃこのイベントにならない。
水平線の花火と音楽FINAL (4).JPG

水平線の花火と音楽FINAL (5).JPG


そして感動の、というよりは、大騒ぎのフィナーレ
せっかくだから客席エリアに潜入して堪能
水平線の花火と音楽FINAL (6).JPG


そして翌日は帰京。あっという間の3日間
送迎車両のナンバーが12-38(笑)
水平線の花火と音楽FINAL (7).JPG



終わってみればあっという間の7年間。
口蹄疫でわずか5頭に減った種牛も50頭に増えたとのこと。


また宮崎に行きたいですね…

共通テーマ:音楽

2016-10-12 [ひとりごと]

更新さぼっててすみませーーん('◇')ゞ