So-net無料ブログ作成
検索選択
      

泉谷しげる、ついに来ました! [泉谷しげる]

「泉谷しげる」がうちに来た!
パッケージを開けた瞬間の第一印象は正にそんな感じでした。

5月11日に発売された「泉谷しげるの新世界 アートオブライブ!」

2017_05_18_02.jpg

ベストアルバム9枚+このパッケージ限定のニューアルバム1枚
更に歌詞集と泉谷しげる45年史なる2冊の分厚い本
更に更にピンバッジ2つ!

これはもう、どこを切っても泉谷しげる、
部屋のどこに置いても存在感たっぷりな、
見方によったら超迷惑なパッケージですよ(笑)

ベスト盤9枚ももちろん素晴らしいし、
その積み重ねの末に出来上がったニューアルバムも、
現行泉谷バンドメンバーとして、胸を張って「最高ですよ」と言えます!

このパッケージ、どうやって楽しもうが、これを手にした方の勝手ではありますが、
もしまとまった時間がある方は、ぜひDisk1から一枚ずつ順番に聞いて欲しいですね。

そして泉谷しげるのサウンドに浸りながら45年史を読んで頂きたい!
この45年史、ライブの写真もふんだんに入っており、ライブを見に来た方は、
ひょっとしたらどこかに写っているかも知れません。

そしてDisk10まで全てのアルバムを聞き終えた後には、
長編オペラを見終えた時のような達成感が感じられると思いますよ!


最後に、このとんでもないパッケージのニューアルバムで自分をディレクターに抜擢して下さった大将の懐の深さと、至らないディレクションに力を貸して下さったバンドメンバー、スタッフ全員に感謝と最大のリスペクトを込めて…ありがとうございました。

2017_05_18_03.jpg

…って、まだまだこれから続くのですよ…泉谷しげるも泉谷バンドも!!!

「泉谷しげるの新世界 アートオブライブ!」お買い上げはこちらから
値段は張りますがむしろお買い得ですよ!

MTD 735-24 [エレクトリック・ベース本体]

久々の7弦ベースネタ…

MTD 735-24を入手してから一年以上経過しましたが…
やっぱりナローピッチ(17mm)ってのが少し弾き辛いんですよね。
落ち着いて弾いてれば問題無いんだけど、
ライブ中に突然ジャンプ(演奏上の激しいポジションチェンジの事ね)
したりすると隣の弦に指が当たる(笑)

このベースばっかり弾いてればいずれ慣れるだろうけど、
現状そういう訳には行かないので、どうしたものかと考えていたら、
こないだある楽器店にスミスの7弦が入荷したので、
また弾いてみようと思って行ったわけです。

MD-7は18mmピッチなので、やはり右手は楽ですね。
一方の左手は、えいやっ、と指を伸ばさないとローB弦に届かないけど、
ナローピッチでの右手のミスタッチのリスクと天秤にかけたら、
こっちを受け入れるべきかと…

ま、でも、音自体はスミスよりはMTDの方が好きなので、
即購入って事にはならないんだけど、やっぱり18mmピッチがいいよな~

って思いながら帰宅して、
わがMTD 735-24を見ていたら思いついちゃったんですよね(笑)
いや、確実に問題無く演奏性が向上する保証は無いんだけど、
僕の検証では行けそうな事を…

検証中…
ブリッジの端っこが剥げてたお陰で思いついたのです…
2017_05_08.jpg

よい子のみなさんはマネしないで下さいね(笑)
悪い子は自己責任でどうぞ…

って事で今日はここまで('◇')ゞ