So-net無料ブログ作成
      
アンプ・周辺機材 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

Inner Bamboo DUAL BASS PREAMP for Acoustic bassist [アンプ・周辺機材]

2月にオーダーしていた、
「Inner Bamboo DUAL BASS PREAMP for Acoustic bassist」
が、ようやく完成して手元に来ました。
色は…もちろん青です(笑)

2014_09_10.jpg

ちなみにポルシェのアクアブルーです。
何やら、筐体の塗装をしてるのが自動車の塗装屋さんだそうで、
カラーコードを伝えれば、ピッタリその色にしてくれます。


んで、音は…
そういえば、知人が使っているって事と、
信頼できる店員さんの勧めがあっただけで、
音出してなかったな(笑)

手元に来たけどまだ音出してない。
…どころか通電もしてない(笑)

いずれ音出します(笑)



共通テーマ:音楽

KORG PB-01 [アンプ・周辺機材]

KORG PB-01のメタリックブルーをゲット。

「ピッチブラック」って言う製品名なのに、
メタリックブルーってのがちょっと面白いですが、
去年出ていたカラーなんですね。
現行ではゴールドがあるみたい。

普段から使っていたPB-03 POLYと比べてみました。
左がPB-01、右がPB-03です。

2014_08_19.jpg

ベースで使っているとPOLYである恩恵はあまり感じないので、
現物を確認せずに「青い」と言う理由だけでPB-01を買いましたが、
表示の視認性にかなりの違いがありますね。

PB-03の方が表示がかなり大きいです。
前々から「デカイな」と思っていましたが、
立って見ていると、これ位の大きさがあるとかなり見やすいのは確か。

ステージ中に頻繁にチューニングを変則的に変えるような人には、
こちらの方がストレスが少ないと思います。、
でも、ずっとレギュラーチューニングで通す人にはあまり問題ないかな。

そして、筐体の形が微妙に違います。
PB-01の方が少し曲線的。
形はこっちの方が好みですね。


…青い機材が着々と増えている2014年夏です[晴れ]

共通テーマ:音楽

EBS neoline 112 [アンプ・周辺機材]

EBS neoline 112(中古)ゲット~
2014_08_09.jpg

ずっと気になっていたのですが、中古で見つけたので即ゲット。
なかなかの美品です[ぴかぴか(新しい)]

12インチのキャビとしては最小最軽量クラスじゃないかな。
音についてはまた改めて…

共通テーマ:音楽

BASS CUB [アンプ・周辺機材]

BASS CUB、購入しました。
2014_05_25 PHIL JONES BASS CUB.jpg
色がきれいだから…(笑)

2インプットあるので、自宅で軽くセッションとかもいけちゃいます。
荒業ですが、AUXインプットにプリアンプ経由の楽器を入力して、
3本同時使用、って事も一応可能です。

このBASS CUB、なんと言ってもコンパクトなのがウリです。
大きさは僕の自作キャビネットと同じ位ですが、
自作キャビネットはヘッドと合わせると8キロオーバーなのに対して、
BASS CUBはなんと6キロ!

これはカラダに優しい!(笑)


パワーこそ100ワットと今時のベースアンプとしては控えめですが、
実際に鳴らしてみると充分な音質と音圧なので、
ラウドなバンドでなければライブでも使えそうです。
特にアップライトにはお勧めですね。

コンパクトなアンプを使う時のコツですが、
低音が足りなければ床に直置きしたり壁に近付けたりでローを稼ぎ、
逆に音をクリアにしたければ、椅子に置いたり壁から離したりするといいと思います。









SICA Z006780 [アンプ・周辺機材]

去年からユニットを入れ替えて使っていた「EA Wizzy 10」ですが・・・

「SICA Z006780」を購入して来ました。
25センチ同軸フルレンジ、イタリア製のスピーカーです。
2014_01_18_01 SICA Z006780.jpg

実は去年「Wizzy 10」にツィーターを追加した時から、
この同軸ユニットが気になっていたのですが、
先日コイズミ無線に行ったところ格安だったのでダメ元で・・・

ベース用と考えると許容入力がちょっと低め(150w program/300w peak)ですが、
同軸のため省スペースなのと、他社製に比べて軽量(2.5kg)なのが魅力です。

早速EAのキャビネットに取り付けようとしたら、
今まで付けていたユニットより若干外径が大きく、
枠を削ると言うひと手間が増えましたが無事交換完了。

とりあえず、ネットワークもそのままで鳴らしてみたら、
シャカシャカとツィーターがうるさい(笑)
ツィーター105.5dBに対して、ウーハー97.9dBなので当然。
(鳴らさなくてもわかりそうなもんだけど)

可変アッテネーターを付けるスペースは無いので、
固定式で-7dBと-10dBを試した末、-10dB採用に決定。
やはりツィーターの能率を少し低めにした方が音が落ち着きます。

しかし、まだ何だかクロスオーバーポイント付近の音が変。
なんでかなー、と思いながらネットワークを眺めてたら…

重大な事実発見!

このネットワーク、4Ω用に4kHz、-12dBカットで設計した物でした!
SICAのツィーターは8Ωなので適合しませんね。
コイルを外せば、6kHz付近で-6dBカットになるので試しましたが、
今度はクロスオーバー・ポイント付近が大きい。

やはり-12dBの方が良好なので、コイルとコンデンサーを新たに調達、
クロスオーバー・ポイントも今までより高めの5kに設定。
スペースが無いので、こんな感じで無理矢理付けてあります。
2014_01_18_02 SICA Z006780.jpg

結果は…クロスオーバー・ポイント付近の変な感じも無くなり、
落ち着いたいい音になりました。


しばらくはこの状態で使ってみます。

共通テーマ:音楽

ピック買った~ [アンプ・周辺機材]

宮崎のイベントリハの後、時間があったので楽器屋へ。

買ったのはピックだけなんだけど、
ピック買ったのって、ひょっとしたら30年ぶり位かも。

確か高校生の頃にクロサワ楽器でギター買った時に、
ピックの掴み取りっていうのがあって、
その時にGETしたピックがまだ残ってる上、
時々誰かから貰ったりもして、買うほどではなかったんですよね。

そもそも、ベースをピックで弾くようになったのって最近の話だし(笑)
しかも泉谷しげる大将のライブ以外ではほぼピック弾きしないし。

そんな訳で30年ぶりのピック選びは、ティアドロップの1mm に落ち着きました~
ま、なんでもよかったんだけど(笑)



共通テーマ:音楽

soundblox PRO MUTIWAVE BASS DISTORTION [アンプ・周辺機材]

昨日のライブで初めて本番で試してみました。
一言で言うと、なかなかよかったです。

プリセットは、
①軽い歪み
②ピック弾き用クリーン
③ソロ用歪み
④持ち替え用クリーンブースト
⑤スラップ(本番では使わず)
⑥笑っちゃうような歪み(本番では使わず)
にしました。

歪みに関しては、ベースでは常識かも知れませんが、
輪郭とか音程感とか音圧とかが失われないように、
いかにクリーンとのバランスを取るか、が重要ですね。
これはこのエフェクターに限った事ではありませんが。

それより、クリーンブースターでEQだけ使う、ってのがなかなか便利でした。
今回はピック弾き用しかプリセットしませんでしたが、
ミッド・ブーストも作っておこうかな、と思いました。

結局歪み以外に魅了を感じてる?(笑)
まぁ、また研究します。まだまだ未知ですから。

そうそう、一つ難点を挙がれば、
プリセットした音を少しだけ編集したい時に、
前のツマミの位置がよくわからないので、
音を聞きながら耳で判断するしかない、ってのがちょっと不便かな。

興味がある方はメーカーサイトへどうぞ

デモを見たい方はこちら


共通テーマ:音楽

soundblox PRO MUTIWAVE BASS DISTORTION [アンプ・周辺機材]

人生で二度目となる歪みエフェクターGET

2013_09_06 MUTIWAVE BASS DISTORTION.jpg

前回に買ったのって20年以上前のSANSだったかな。
しばらく使ったら飽きちゃって手放したんだよな~
それ以来クリーン一筋だったのに。
今回も数回の使用で手放したりして…(;^ω^)…

でも、それを念頭に置いてクリーンでも使えるやつにしたもんね(笑)
しかし、クリーンでも使える歪みエフェクターって何なんだ???


この「soundblox PRO MUTIWAVE BASS DISTORTION」は、
クリーン・ブースターやEQとしても使えて、しかもプリセット出来る優れもの。
とはいえ、デジタルなので音自体が嫌いだったらアウトですね~

試奏した時、アンプもデジタルだったので、
どっちのせいでデジタル臭いのか判断出来ずに買って来ました(笑)
両方か???

でも最近PAもデジ卓が多いから、表にはあんまり関係無かったりして…
とりあえず明日試してみよう…

EA iAMP Doubler [アンプ・周辺機材]

EA iAMP Doublerですが・・・

2013_02_06 EA doubler.jpg

mute swを押した時のポップノイズの問題があり、
やはりシビアな現場での使用は却下(汗)

試しにSWR WorkingPro 12 Bass Comboのスピーカーにつないでみたら、
なかなかよかったので、しばらくはこれで行こうと思います。

結局EAは、ヘッドは思っていた現場では使えず、
キャビはユニット交換して使用、と、
やはり当初の予定通りには行きませんでした~~~(笑)

ま、いつもの事ですけど・・・
無駄にはなっていません(^_^)v


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

EA Wizzy 10 [アンプ・周辺機材]

EA Wizzy 10ですが、一度本番で使ったところ、
正直言ってイマイチな感じだったので、
ウーファーを替えて、ツィーターも足しました。

2013_04_29_01.jpg

ウーファーは、以前他のエンクロージャーで使っていたEminence Deltalite II 2510、
ツィーターはスペースの関係で、DAYTON AUDIO ND20FB-4です。

ツィーター用の穴を開けるのが面倒だったので、
裏にスペーサを噛ませて上からネットで押さえつけてるだけです。
ケーブルはバスレフポートから裏に回しこんであります(笑)

ネットワークもこの通り、手抜きです。
2013_04_29_02.jpg



今日本番で使ってみたところ、いい感じでした。
これからちょいちょい試していきます。

でもまぁ、結局ユニットを入れ替えてツィーターを増設した、って事は、
このSPボックスは不合格だった、って事なのかな(汗)

でも、エンクロージャー自体は悪くなさそうですけど。








前の10件 | 次の10件 アンプ・周辺機材 ブログトップ