So-net無料ブログ作成
検索選択
      

Fodera electronics [サーキット関連]

Steve Yorkさんのレポートによると、
現行Pope preampのスペックはこんな感じのようです。

High Treble 8kHz ±12dB
Low Treble 4kHz ±12dB

High Mid 2.5kHz ±12dB
Mid Mid 1.5kHz ±12dB
Low Mid 460Hz ±12dB

High Bass 120Hz ±15dB
Low Bass 60Hz ±15dB

可変幅はグラフから目視で読み取ったのでアバウトです。

これを踏まえて、Emperor Blue Burst、EmperorⅡ Buckey burl、
更に先日入手したImperial Oliveを再セットアップしてみました。

まずEmperor Blue Burst
2017_03_21_03.jpg
一通り試しましたが、
High-Treble
Mid-Mid / Low-Mid
Low Bass
Tone 22μF
に落ち着きました。

次にEmperorⅡ Buckeye burl
これも全く同じセッティングが一番よかったです。
ま、この二本は、アルダーボディ、メープルトーンブロック、
メープルエリートネック、ダンカンデュアルコイルと言うのが共通なので、
当然と言えば当然ですが、なぜかこの二本、パワー感が違います。
EmperorⅡの方がパワフルに感じるんですよね。
この辺が形による差なのかな…

んで、ついでにゴールドのミニノブを手に入れたので付けてみました。
ちなみにデュアルノブだけは以前他のベースに付けていた物なので、
少し色あせています。
2017_03_21_01.jpg
このミニノブを探すのが意外とやっかいで、
最終的にはESPで見つけたのですが、
よく見たらデュアルノブの上の部分でした(笑)

Foderaで最初からゴールドノブを指定すると、
ミニノブは、多分、なのですがゴトーのデュアルノブの上部が付いて来ます。
よって、フラットトップです。
2013_07_31_Emperor_04.jpg

僕が入手したESP製の物はドームトップです。
どちらがいいかは好みの範疇ですね。


さて、話が横道にそれましたが、最後にImperial OliveのEQセクション。
High-Treble
Mid-Mid / Low-Mid
Low Bass
と言うところまでは同じでしたが、Toneは47μFの方がよかったです。
やはりEMGはハイ上がりに感じるので、
その分トーンは低い周波数帯までカットした方がよいようです。

更に、性懲りも無くまたピックアップ載せ換え実験をしてしまいました。
まず、マグネット位置を前寄りにして、よりジャズベースに近くする、という検証。
ワイヤーとハーネスの関係で慎重にやる必要がありましたが、
なんとか安全に出来ました。

まずフロントマイクだけリバース、リアはそのまま。
結果、フロントの音は予想通り太くなったものの、
リアがトレブリーなままなので混ざらず却下。
ま、予想通りです(笑)

次にフロント、リア共リバース。
結果、落ち着いていて良好なものの、
アッシュらしさがスポイルされて面白みに欠けるので却下。
これは多分、リアをリバースさせると60年代の位置になってしまうせいと思われます。

更にフロントは正位置、リアはリバース。
実は試した中ではこれが一番使えそうな音でした。ぶっとい音になります。
ただし、スラップはやっぱりアッシュらしさがちょっと落ちる感じ。

結局、フロント、リア共正位置に戻りました(爆)

次なる疑問。

このEMG、いわゆる新ロゴです。
手元に旧ロゴがあります。

…試さないわけいかない…

ちなみに、見た目の違いはこんな感じ。
2017_03_21_04.jpg
左二つが旧ロゴ、右二つがこのImperialに搭載されていた新ロゴです。
見ての通り、ロゴが違います(笑)
更に裏のラベル、日付の入れ方が違いますね。

んで、載せ換えて試してみたんですが…

たしかに旧ロゴの方が少し丸い感じがしますが、
しかしながらトップエンドは新ロゴと同じように伸びているので、
イメージ的にはハイを少し絞ってプレゼンスを少し上げた感じ、とでも言うのかな。

こっちの方がいいような気もしましたが、
結局新ロゴに戻しました(笑)
替えるほどじゃないか、と…


更に更に、プリアンプのメインボード上に、
バランスアジャストと言うピンを見つけたので、
もう一度P-Jを試してみました。
実は前回P-Jを試した時は、このジャンパーピンの存在を知らずに、
バランスが悪すぎて使えない、と思ったのです。

で早速検証。
このバランスアジャストのピン、
ジャンパーでつないだピックアップの方にバランスが振れるようです。

P-JにするとPの方が大きく感じるので、ジャンパーピンをリアに装着。
早速音を出してみると、うん、まぎれもないP-Jサウンド!これは使えます!
が、普通の音です(笑)
アッシュ+EMGの開放感が無い(笑)
スラップする気にならない(笑)
2フィンガーで弾いてても、これだったらアルダーの方がいい(笑)

と言う事で5分で却下(笑)


全てを元に戻して、結局このImperialのサーキットで変えたのは、
コンデンサーの値だけでした(笑)

色々やっても元の状態が大概一番いい、という見本のような実験終了(笑)

共通テーマ:音楽

Fodera Pope preamp [サーキット関連]

2009年以降のFoderaに標準で搭載されているマイクポープのプリアンプ、
内部のジャンパープラグで自分好みの特性に変えられるのですが、
詳しい周波数特性はメーカーサイトに行ってもわかりません。

じゃ、自分で調べるしかないか、と思っていたら、
やはり同じことを思う人はいるようで、
すでに5年前にこんなレポートを書いている人がいました。

SteveYorkさんのレポート


これ、非常に助かります。
当てずっぽジャンパーを抜き差しする必要がなくなりますから…

2013_09_14_01 Fodera Pope pre amp.jpg

僕はLow-Bass、High-MidとLow-Midの切り替え、High-Treble
というのを標準セッティングにしていますが、
スラップ時にHigh-Midをカットし過ぎると抜けが悪くなります。

このレポートによると、MidはMid-Midを試す価値があるようですね。
Low-Trebleも試してみようっと…


共通テーマ:音楽

Fodera Imperial 5st Olive (3) [サーキット関連]

先日入手いたImperialですが、使っていると些細な事が気になって来まして…
いや、気になる、と言うよりは、興味が湧いて来る、と言った方が適切かな。

ご存知の通りピックアップはEMGのソープバーですが、
このタイプは見た目は同じでも中身が大雑把に3種類あります。
シングルコイル、Pタイプ、デュアルコイルです。
ちなみにコイルタップ可能なデュアルコイルもあります。

このImperialに搭載されているのはシングルコイル×2です。
いわゆるJ-Jですね。
かのジャズベースと同じ、エレキベースの王道とも言える組み合わせです。

で、当然違うタイプに変えれば音が変わるわけですが、
以前Yin-Yang5弦で色々試した時の遺産で、
手元にPタイプとデュアルコイルがあったので、
興味本位で載せ換えてみました。

色んな組み合わせを試した挙句、J-Jに戻しました(笑)
個人的にはP-Jに期待していたのですが、
はっきり言って全然ダメでした(笑)
…あくまでも個人的な感想ですよ。

で、その次に気になり始めたのがピックアップの、と言うか、
マグネットのポジションです。ソープバーのシングルコイルは、
ロゴが入っている側のケースの端から10mm位のところにあります。
大雑把に言えばソープバーの後ろ半分が本物のピックアップで、
前半分は空っぽのケース、と言う事です。

2017_03_20_03.jpg
写真のクリップを乗せている位置がマグネットです。

ここで湧いて来た疑問。
J-Jタイプって言ったって、マウント位置がジャズベと違うんでないの?

じゃぁ、って事で早速ジャズベを計測。
こういうのは手っ取り早く実測が一番!

まずは60年代の位置。
2017_03_20_02.jpg
E弦のサドルを基準に測っています。
リアピックアップのポールピースまで約71mm、フロントまでが約160mm

次に70年代。
2017_03_20_01.jpg
リアピックアップのポールピースまで約62mm、フロントまでは約160mm
やはり70年代はブリッジよりに1/4インチ程度ずれているんですね。
ちなみに写真のベースは74年製アルダーボディ×メープルフィンガーボードです。


さて、問題のImperialは?と言うと…
一枚めの写真で分かる通り、
リアピックアップのポールピースまで約53mm、フロントまでは約145mm!

ん~~~

ここにも音がトレブリーになる要因があったようですね(笑)
もちろんデタラメにハイが出る訳じゃないのですが、
正直、もう少し落ち着いていてもいいかな、と思っています。

こうなると、このピックアップを反転させて、
コイルがフロントよりになるように付け替えてみたくなるというのが人情と言う物です。

ところが、普通のピックアップだったら簡単に出来るんですけど、
EMGのピックアップは親切便利な設計が災いして、
簡単に反転出来ないんですよね。

ワイヤーがハーネスで簡単に抜き差し出来て、
面倒なハンダ付けが不要なのはいいのですが、
反転させようとするとハーネスが逆向きになって、
その分ワイヤーをピックアップルーティング内に引っ張らないといけないんですね~

《参照》


なので、その検証はまた後日…


共通テーマ:音楽

Fodera Imperial 5st Olive (2) [エレクトリック・ベース本体]

2017_03_10_1.jpg

このImperialは2011年12月に同じスペックで作られた2本のうちの1本のようです。FoderaのNewborn Gallery - Vol Iに掲載されています。(リンクが切れたらごめんちゃい)

僕が入手したベース 、いわゆるボナ・モデル

もう一本のボナ・モデル

ちなみに、何をもって「ボナ・モデル」なのか?ってのが気になりますが、これ位違うスペックだと「Imperial Olive」になるようです。

スケールが35インチ、トーン・ブロックがアルダー、PUがダンカンです。
さすがにこれは違うサウンドになりそうですもんね。
この3本、ペグ配列が全部2+3です。ボナのは3+2。
って事は、ペグ配列は関係ない、って事になりそうですね。

ちなみに上記ボナ・モデルの2本、ボディ・シェイプが微妙に違います。
ストラップピンの位置とロウワー・バウツのカーブです。
勿論意図的にそうしてるんでしょうけど…大量生産では不可能な事ですね。


では、僕が入手したベースのスペックをご紹介します。

Body:Lightweight Ash
Tone Block:Ash
Top:Olive (Non-Solid)

Neck:Hard Rock Maple
Fingerboard:Birdseye Maple
Scale Length:34″
24 Frets (Small)
19.0mm Spacing

PU:EMG 40 J
Preamp:2011 Fodera / Pope Custom 3-Band

Weight:4.7kg


ざっとこんな感じです。
フィンガーランプは邪魔なので外しました。

音についてはまた改めて…

タグ:Fdera imperial

共通テーマ:音楽

Fodera Imperial 5st Olive (1) [エレクトリック・ベース本体]

2017_03_09_1.jpg

かなり悩みましたが入手致しました。
2011年12月製なので丸5年経過している中古です。
前のオーナーさんがかなり丁寧に扱っていらしたらしく、
傷らしい傷は見当たりません。
ヘッドとボディに小さな傷がある位でしょうか…

なぜ悩んだのかと言うと、
音を出した瞬間素晴らしい楽器である事は確信したのですが、
弾けば弾くほどあるベーシストのイメージが浮かんで来たからです。
その人の名は「リチャード・ボナ」

ま、この仕様は疑いも無くボナのそれなのですが、
音があまりにもボナ(笑)

もちろんボナは僕も大好きなベーシスト。
アルバムも数枚持っているし、ライブも何度見たかわかりません。
でも、僕はボナのマネをしようとは思わない、じゃなくて、
マネなんか出来ない(;^ω^)


で、かなり悩みました。
何度も保留して、
「お願いだからボナ・フリークの人が早く買ってって下さい!」って神頼みして…

でも、なかなか店から消えないから、仕方なく持って帰って来ました。

んで、早速ボナ仕様からナベ仕様に変更。
まずはデンタル・フロス(笑)
2017_03_09_2.jpg

別に隙間の掃除をするわけじゃありません。
ランプを外すのです。僕はランプは不要なので。
この外し方、実はFodera社のスタッフに教えて貰いました。
この方法が一番安全で確実、と。
で、実際やってみたら簡単に外せました。

2017_03_09_3.jpg

少し両面テープの接着剤が残りましたが、
オレンジオイルできれいに落ちました。
心配した塗装面のダメージは皆無です。


更に、弦がボナ・ゲージ(40-120)だったので、(45-130)に替えました。
細い弦を張る事でしなやかなサウンドが得られるのは百も承知ですが、
それがとりもなおさずボナ・サウンドに直結しているのも明らか。
普通のゲージの弦を張ったら当然普通の音になりますが、
僕は普通のベーシストなのでOKです(笑)


2017_03_09_4.jpg

弦のゲージは写真じゃわからないけど、
ランプが無いだけでかなり印象が変わりますよね。

作業をしてたら深夜になってしまったので、音出しは明日…

タグ:Fdera imperial

共通テーマ:音楽

Dな日々 [泉谷しげる]

子供の頃、兄が一枚のLP盤を買って来た。

『イーストからの熱い風』

これは泉谷しげる大将のL.Aでの1976年のライブ盤。
これを聞いた時、「なんだかアブナイ人だ」と、正直そう思った。
当時の僕は小学生。無理もない(笑)

しかし、そんな過激なライブ盤だが、小学生の耳に強烈に印象に残った曲があった。
タイトルは『Dのロック』。DはディレクターのD。
「ディレクターは叫ぶ、もっともっと…」
この歌詞が小学生の脳ミソに深く浸透していった。


それから40年経ったある日…


2016年の9月頃だったか、泉谷大将から一本の電話。

「来年レコーディングするから、お前ディレクションやれ」

  「えっ!?」

「なんだ? 嫌なのか?」

  「いえ、やります!」

「日程は2月1日から4日だ」

  「はい、あ、いや、1日と4日がNGです。」

「なんだお前!ディレクターのクセして2日も休むのか!?」

  「すみません…」

…かくして、ニューアルバムのディレクターに任命されたのでありました…


レコーディングの初日に不在のディレクターなんて聞いたこと無いけど、
スケジュールばかりはどうしようもなく、大いなる不安のまま2017年2月1日。
別現場にいてもスタジオの様子が気になり時々ローディのタクちゃんにチェック。
たいそう順調に進んでいるとの報告に一安心。


そして明けて2月2日。
みんなは2日目だけど自分は初日。しかもディレクター。
緊張のスタジオインだったけど、色々な心配をよそに順調に作業は終了。

翌2月3日も順調に作業は進み、予定通りにバンドはレコーディング終了。
さすが泉谷バンド、ライブで培ってきた一体感とグルーヴ!半端なかった。

更に2月4日に大将のソロ曲と全曲のボーカル録り、
5日にはボーカルの録り残し分を終え…

そう、いつの間にかレコーディングスケジュールが2月5日までになってたのだ!
しかも、僕はその日もライブ!
ライブが終わってからスタジオに駆けつけ、そこからボーカルトラックの選定作業。
これが終わったのが、たしか深夜3時過ぎ?


なんだか怒涛のような5日間だったけど、なんとか無事に録音作業終了。
あとはミックスをエンジニアの加納さんに委ねる事に…


そして迎えたミックスチェック。2月28日。
さすが加納さん、素晴らしいミキシングで出来上がって来ました~!

そこに大将を中心に更に色々とリクエストを加えて…

…僕は、ライブの時にステージ中で感じる大将の歌とバンドの一体感や熱さが聞いた人に伝わるように心がけました。
これ、プレイングディレクターにしか出来ない事です(*^^)v
だから時には、ここの部分はギターが歌を食ってしまう位でいい、とか、
ここはサックスが主役、とか…
実際はどんな事しても大将の歌は食われたりしませんが(笑)

時には大将から「もっとベース上げてくれ」とか、
「ドラムをもっと聞かせろ」とか…いやぁ、楽しい時間だった~

そして、お約束通り深夜になり無事に作業終了!
今の泉谷しげるがギュギュギュッっと詰まったアルバムが完成したのでした!
ほんとにどこから切っても泉谷しげるなアルバムです!

発売は5月11日、泉谷しげる大将のバースデー!
69歳の誕生日にニューアルバムリリースって!!!!

みなさん、楽しみに待っててください!

ミックス終了後のお約束の一枚
IMG_2888.JPG


F-bass AC6 覚書 (2) [サーキット関連]

昨日の国際フォーラムでの公演「クサビ 其の五」では、
先日サーキットをいじったAC6とブルーのエンペラーを使いましたが、
AC6のピエゾのハイカット用コンデンサーの容量をもっと大きくした方がよさそうだったので、
近々16.5nF (33nF×2 直列)に替えようと思います。

更に抵抗値も上げる予定…

タグ:F-bass

共通テーマ:音楽

クサビ 其の五 [ライブ]

昨日の国際フォーラムでの「クサビ 其の五」
超満員5000人のお客様と共に大盛況のうちに幕を閉じました。

S__97656858.jpg

出演者の皆さんがどなたも素晴らしく、リハーサルの時から期待度マックス。
本番は、出番じゃない時も袖で見ながら盛り上がってました!

終演後お客様からも「素晴らしかった!」の声を多数頂き、
このステージを全て一人で切り盛りする上妻さんの素晴らしさを改めて実感致しました。


…後ろの方で演奏していたのであんまり見られてないだろうと思ってたら、
会場のスクリーンにさんざん映っていたようで……(;´・ω・)

そんなこんなで勢いよく明けた2017年、
今年もいいベースを弾けるように頑張っていきたいと思います!

共通テーマ:音楽

F-bass AC6 覚書 (1) [サーキット関連]

久しぶりに楽器のお手入れ、と言うか、サーキットを色々いじっていますが、
忘れちゃいそうなので覚書き。

ピエゾPUのハイカット・フィルター 10nF
トーン・サーキット 33nF

とりあえずピエゾのバキバキ感を押さえたいので、
ハイカット・フィルターのコンデンサーの容量を大きくする。

23.5nFだと大きすぎ。
15.7nFでも微妙におおきいか。

13.2nF辺りで試した所いい感じ。

但しまだゲインが高めなので直列で抵抗を噛ませる事に。
こちらも色々試した末10kΩに決定。

2016_12_29.jpg

元々ついていたコンデンサーは紛失しないよう裏蓋に貼りつけておくことに。

共通テーマ:音楽

仕事納め [一息]

今日の仕事で2016年の全てのスケジュールが終了致しました。

今年も全国各地で本当にたくさんの方々と共にステージで演奏がする事が出来、
良い一年だったと思っております。

今年一年、共演して下さったミュージシャンの方々、
演奏を依頼して下さった方々、
そして、演奏を観に足を運んで下さった方々に深く感謝致します。

またスケジュールが合わず共演が叶わなかった方々、
本当にすみませんでした。
次の機会に是非またお声かけお願い致します。

来年は元旦から国際フォーラムで演奏しております。
三味線奏者上妻宏光さんのステージです。
縁起のいいステージになると思います。
宜しければお運び下さい。

http://kusabi.org/index.html

S__96763907.jpg
これは本日のリハーサル中のショット。
上妻宏光さんを中心にゲストの由紀さおりさんとバンドメンバー




共通テーマ:音楽