So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
      

Fodera EmperorⅡHybrid 6strings Custom (その1) [エレクトリック・ベース本体]

通算(多分)15本目のFoderaが出来上がりました。
もちろん何本か手放してますが…

2018_10_20_01_Fodera Emperor2 Hybrid.jpg
Fodera EmperorⅡHybrid 6strings Customです。

2013年にFODERAからANTHONY JACKSON PRESENTATIONⅡのアナウンスがあった時には、正直言ってアンソニーがどこに向かってるんだか???で、まぁ、どんな音がするのか興味はあったけど、あまりにも高額だし自分には非現実的な楽器だと思ってました。

それから4年後の2017年のNAMMでEMPERORⅡ Hybridが発表され、しかもそれが東京渋谷の某楽器店に入荷!…店頭に並ぶか並ばないかの内に即どなたかお買い上げ…と、この時は音出し叶わず。

しかしその数か月後なんと2本目が入荷!
この時はすぐにお店に行って試奏しました!

…感想は…

誤解を恐れず正直に言いますが、「ギターみたいだな」と思いました。
34インチ17.5mmスペーシングのスペックは、19mmのそれに慣れている自分に一音一音指の腹まで十分に弦にコンタクトするスペースを与えず、まさに指先でつま弾く感じになってしまったのです。更に34インチのテンション感とサスティーン。取り回しが楽だしとても美しい音色なのは間違いないのだけれど何かが違う。

この時脳裏に浮かんだのは「アンソニーのはどんな音がするんだろ???」…

ハイブリッド構造は36インチにしてこそ「ベース」としての本領を発揮するに違いない、そう確信したのです。

そのあとはもう「36インチだとどんな音がするんだろ???」が日々増殖(;^ω^)

しかし、FODERA社のWEBサイト上で検索するとEmperorⅡHybrid は34インチしか設定が無く、6弦だと17.5mmスペーシング、5弦だと19mmスペーシングとあります。

むむむ、36インチの19mmスペーシングは作る気が無いのか…

これはもう聞くしかないって事で、FODERA代理店のK氏とコンタクト。K氏とは10年以上の付き合いで、これまでも無理難題をFODERA社に幾度となくかけあってくれた頼れる人なのです。

36インチ19mmスペーシングの見積もりをリクエストして数日後の返答に一瞬絶句(笑)

…「そのスペックにするとANTHONY JACKSON PRESENTATIONⅡと同じになるから〇〇%アップになります」だって!

ちなみに他のモデルはスケール、スペーシングに関してはアップチャージはありません。

…とは言えPRESENTATIONⅡよりはかなり安価(高いけど)なのは確か。
更にアップチャージついでに、フレット増やしたらあといくらかかりますか?と問い合わせ…
当然更に上がるだろうと思ってたら、こちらはなぜかアップチャージ無し!(^^♪

かくして、36インチ19mmスペーシング28フレットという、限りなくPRESENTATIONⅡに近いスペックを持つEmperorⅡHybrid 6strings Customが出来上がったのです!

2018_10_20_02_Fodera Emperor2 Hybrid.jpg.jpg


2018_10_20_03_Fodera Emperor2 Hybrid.jpg.jpg

2018_10_20_04_Fodera Emperor2 Hybrid.jpg.jpg

2018_10_20_05_Fodera Emperor2 Hybrid.jpg.jpg

共通テーマ:音楽

Facebook コメント