So-net無料ブログ作成
      

ANTHONY JACKSON PRESENTATIONⅡ [エレクトリック・ベース本体]

まさかこれを店頭で弾く機会が来るとは思ってませんでしたね。
しかもこのタイミング、つまりエンペラーⅡハイブリッドを手にした後で…

どうにも気になるのでハイブリッドを持参して弾き比べさせて頂くことに…
正直、弾いてる本人以外はそんなにわからないくらいの違いである事を期待してました(笑)

で、弾いてみたら、誰の耳にも全く違う(笑)

感じた違いを挙げるとこんな感じ。
「違い」であって「優劣」ではないですよ。

音抜け…これはサーキットの有無がかなり影響してると思います。
抜け方自体は自分が所有しているノーサーキットのエンペラーⅡに似ていました。

サスティーン…これはチタン製のブリッジやチューニングポスト、更にアンソニーシグネイチャーの弦がかなり貢献しているような気がします。

以上の二点が顕著な違いですね。

で、外見上の違いなんですが、形が違う以外に重要な違い発見!
ボディの厚さが全然違います(笑)
プレゼンテーションⅡの方が2センチ近く厚いです(;´Д`)

プレゼンテーションⅡの方が音がふくよかな感じがするのは、
ひょっとしたらこの厚みのせいかも…


あとはご存知の通りストラップピンが無い事と、ポジションマークがサイドだけ、しかも7フレットと19フレットの二か所しか無い、ってのが目立った違いですかね。

立って演奏するのはほぼ不可能です(-_-;)



一言で言うと、素晴らしい楽器でした('◇')ゞ
誰の手に渡るんだろ…

共通テーマ:音楽

Facebook コメント